スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<第257回>  STB get

STB株を僅かですが

購入出来ました。

海外投資家が2日連続で、

100万株強を放出。

T氏がQさんサイトでコメントしていた

ANZの放出か

絶対に買いですよ!

送金しなきゃ。。。。。

第188回
千載一遇のチャンス!

現在、私がもっとも注目しているのが、
前から書いているベトナムの銀行株です。
日本や中国でもそうでしたが、
銀行株はその国の株式市場と同じか
それを上回る速度で業績を拡大させていきます。

さて、ニュースにも出ていますが、
オーストラリア・ニュージーランド銀行(以下、ANZ)
ベトナムのダム・トゥイ頭取がANZの戦略に合致させるために、
サコムバンク[銘柄コード:STB]との協力関係を
見直していると明かしています。

ANZはサコムバンクの9.87%の株式を保有している
戦略的機関投資家ですが、
一部、或いは全部の株式を
2009年度中に売却しようとしています。

この問題はサコムバンクが2009年の配当を現金ではなく、
株式配当で行うことに起因しています。
同社は額面有償増資をして42億円を
既存株主から集めようとしています。
これは一般の投資家にとっては悪くない話しです。
(現在STBは1万7000ドン前後で取引されている)
しかし、既に100%自社出資の銀行をベトナムに設立が成功した
ANZにとっては戦略的によろしくないのです。
現金配当が出るならともかく、
持ち分が大きいだけに出費も大きいですから、
今後もこのように追加出資を要求されるのでは
(歴史的に同社は全て株配で配当をおこなってきた)
・・・ということです。

ですので、ANZは株を売りたがっているわけです。
しかし、サコムバンク株を買いたい外資ファンドは
この金融危機の最中でありながらも無数にいるわけです。
(外国人持ち枠制限が30%で張り付いていたので
買えなかったからです)

で、ここでなんとかANZにねじ込んで
サコムバンク株を大量に獲得できれば、
3~5年後には大きく上昇している可能性が高いと思うわけです。
この機会を逃すと
銀行株を大量に獲得できるチャンスはないでしょう。
これを千載一遇のチャンスと言わず、なんと言いましょう。
あとは全力で買って、買って、買いまくるのみです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

↓↓ 投資情報 ↓↓


カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と
外資系アナリストレポートを駆使して
ベトナム株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ ココをクリック!
プロフィール

けい

Author:けい
ベトナム株に夢を見!輝けるセカンドライフへ向けて、がんばる中年オヤジの奮闘記。

FC2カウンター
みなさんのクリックで元気100万馬力
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村
こちらも是非、クリックお願いします!

FC2ブログランキング

↓FX結果↓

2012年
12月 合計 611.1PIPS(12日)
2013年
1月 合計 856.0PIPS
2月 合計 1462.6PIPS
3月 合計 877.0PIPS
4月 合計 1642.0PIPS
5月 合計 1441.4PIPS

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

↓FXのことなら↓



ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。