スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム株  6月11日  <第150回>

VNインデックス   370.45(-2.55)
ハノイインデックス  108.54(+0.78)

ホーチミン市場、出来高が大幅に増加しました。

値上がり銘柄も79です。

下落幅も少なかったです。

ハノイ市場は29日ぶりに反発しました。

私の銘柄は残念ながら、2勝7敗で、前日比-1.67%でした。

そろそろ反発するかな。。。。

来週には微微たる金額ですが送金するので

もう少し、待ってくださーい。。。

明日が注目です!!


ベンチャーインテリジェンスの記事を掲載します↓↓↓

【アジア株情報】

■記事内容
ホーチミン市場ではVN指数が前日比0・68%安の370・45ポイントで引けた。騰落数は上昇79、下落67、変らずが8銘柄となった。

上昇銘柄が急増した感がある。目だったところでは『ビンコム不動産』(VIC)『タンタオ工業団地』(ITA)が各々1・36%、1・52%高となった。

ただ時価総額トップ20位中、上昇は5銘柄にとどまっており、それほど目立った改善はみられない。マーケットの牽引役『サコムバンク』(STB)が1・84%安、『サイゴン証券』(SSI)は1・69%安と大幅続落した。

ただ出来高が1200万株をこえており、2カ月ぶりの大商いとなっていることから、とりあえず小型株を回復させて、値幅とりをきっかけに反転する可能性が高まっていることは事実だろう。

ハノイ市場では同証券取引所指数が同0・72%高の108・54ポイントをつけ反発した。騰落数は上昇88、下落37、変らずが14銘柄となった。

時価総額トップ20社のうち上昇は17、下落は3銘柄となっており、主力銘柄に反発機運が高まっていることがうかがえる。

『アジア商業銀行』(ACB)が1・51%高、『国家再保険』(VNR)は2・16%高となったが、『バオベト証券』(BVS)は2・91%安とストップ安の水準にまで売られた。出来高は2カ月ぶりの大商いとなった。




スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

↓↓ 投資情報 ↓↓


カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と
外資系アナリストレポートを駆使して
ベトナム株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ ココをクリック!
プロフィール

けい

Author:けい
ベトナム株に夢を見!輝けるセカンドライフへ向けて、がんばる中年オヤジの奮闘記。

FC2カウンター
みなさんのクリックで元気100万馬力
にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村
こちらも是非、クリックお願いします!

FC2ブログランキング

↓FX結果↓

2012年
12月 合計 611.1PIPS(12日)
2013年
1月 合計 856.0PIPS
2月 合計 1462.6PIPS
3月 合計 877.0PIPS
4月 合計 1642.0PIPS
5月 合計 1441.4PIPS

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

↓FXのことなら↓



ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。